Branding Film Creationby CinematoGraphe Tokyo

Ryokan Sawanoya(澤の屋旅館)様

Ryokan Sawanoya

台東区谷中にある『澤の屋旅館』様にて、ホームページ用プロモーション映像を制作しました。
『澤の屋旅館』様はお客様が国内~海外の方まで幅広く、海外の方でも見ていただける映像を心がけました。
旅館ならではのポイントはもちろん、海外の方が日本に対して求める日本らしさを映像作品に印象付けて、またお客様をお迎えする『おもてなし』を意識した映像は見応えがある作品に仕上がったと思います。
【多くの国々で再生されてます】

主人である澤さんの魅力は、どこの国のお客様も温かく迎えてくれる雰囲気を醸し出し、その場所は家族旅館として無くてはならない場所になっていると感じ、撮影・編集では温かさ、やさしさを守り、その中でインパクトも意識しました。
ホームページ公開すると同時に世界中の方々が見ていただける結果は大変喜ばしく、ただ映像を作るだけでなく、その想いを映像で感じてもらえる魅力ある制作がプロモーション映像の基本だと再確認させて頂きました。
<追記:現在まで120ヵ国以上で再生頂いております。インバウンドにおける動画活用事例としても、この動画が各所で取り上げて頂いてる事を聞き、大変嬉しく光栄に思います。

MOVIE – Ryokan Sawanoya

Italian Dining Fiorire(イタリアン料理店)様

Italian Dining Fiorire

東京麹町にあるイタリアンレストランFIORIRE様の映像を制作しました。
建物の地下奥にある素敵なお店でしたが、路地からはどういうお店か見えない部分も多いため建物1 階にあるデジタルサイネージモニタを使って映像を流す試みを行いました。
お店の雰囲気はもちろん、新鮮な食材に対しても強く意識、売り出していく事を踏まえて、シーズンのピックアップしたメニューを映像で表現しました。

映像に上映されたメニューは、ご注文にも反映され好評を頂いたようです。
店外に設置したデジタルサイネージを活用する場合は、不特定多数の方に立ち止まって見ていただくものと考えるため、カットごとに見やすく面白みを出し、5 秒みても楽しめるような、そういう映像を心がけました。
説明のテロップなど出さず、実写のみで表現する事に熟慮しましたが、効果は得られたと思いました。

MOVIE – Italian Dining Fiorire

The Purposeブランディングムービーの目的

The Purposeブランディングムービーの目的

共感を生み出し理解を深める作品を作るには、『シネマトグラフ東京』としても企業様とヒアリングを多く行い、お打ち合わせを重ねた上で映像のご提案をさせて頂きます。それこそ顧客の立場に立った良質なイメージで高いクオリティになる事を求めて参ります。
『ブランディングムービー』は、企業価値に合わせ【共感できる】【理解を深める】という要素、装飾を施す事によって、企業理念・魅力をブランド映像として表現して、その企業様に対して興味を増幅させる役目であると考えております。
顧客にとって価値の差別化に繋がり、ブランド・ロイヤリティとして認識されるものであると確信しております。

CinematoGraphe -シネマトグラフ東京-

The Flows

Step1 Contact お問い合わせ

Contactフォームから承ります。
まずは『ホームページに映像がほしい』『イベントで映像を流したいなど』等、ご相談ください。

Step2 Hearling お打ち合わせ

ご希望の映像構成についてヒアリングいたします。
ヒアリングをした上で、お客様ごとに映像のご提案、また最適な映像制作にかかる費用、納期などのご提案をさせていただきます。
お打ち合わせにご納得いただけたら、正式にお申し込みください。

Step3 Shooting 撮影・編集

打ち合わせに沿って、指定期間に撮影を行っていきます。
編集についてお客様に映像チェックをしていただき、修正、変更などを確認して頂きます。
編集後はメディアに合わせて、適切なデータ変換をしてご納品させて頂きます

Copyright 2015 CinematoGraphe All rights Reserved.